投稿日:

乳首を小さくする方法

乳首のサイズを小さくするには手術しかありませんか?

乳首を小さくする方法は、手術しかありません。

手術の方法は、乳首の余分な部分を切除して縫い合わせるというものです。
高さが気になる場合、直径が大きい場合と、どちらでも同じような方法で小さくすることが可能です。
局部麻酔で短時間の手術で済みますし、もともとある乳首のしわに合わせて縫うのであまり傷痕も気にならないそうです。

生まれつき気になる方、妊娠・出産で変わってしまった方の手術が多いようですが
最近では男性でも乳首を小さくする手術が増えていると聞きました。
男性も気になる問題なんですね。



投稿日:

マッサージで胸が小さくなる?

間違ったマッサージをしたら、胸は小さくなりますか?

間違ったマッサージをしたら、胸は小さくなります。

エステサロンなどで痩身マッサージというのがありますよね。
自宅で行っている人もいるでしょう。
あれは、脂肪に刺激を与えて柔らかくし、燃焼されやすい状態にするというものです。

つまり、マッサージの仕方によってはバストの大切な脂肪を燃焼させやすい状態にし、より小さくしてしまうということもあるのです。
また、強くマッサージしすぎると胸を支えるクーパー靭帯を痛めてしまうこともあります。
クーパー靭帯は胸を支える重要な靭帯で、これが伸びたり切れたりすることは、バストの下垂やラインの崩れに繋がります。
しかもクーパー靭帯は一度痛めてしまうと再生されませんから、大変注意が必要です。

最近は雑誌やテレビでバストアップマッサージが紹介されていますが、そこで紹介されているのは知識と実績のあるスペシャリストです。
見よう見まねで素人が真似をしても、逆効果になってしまう可能性が大きいでしょう。

ですから、きちんとサポート体制のあるバストアップマッサージDVDで、正しいマッサージ法やバストケアを学ぶことが大切です。



投稿日:

脂肪を胸に移植

自分のカラダの脂肪を胸に移植することはできますか?

自分のカラダの脂肪を胸に移植することは出来ます。
豊胸手術はシリコンバッグの挿入が有名ですが、最近は脂肪注入法を行うクリニックも多いですね。

脂肪注入法にもいくつか種類がありますが、基本は同じ。
自分の身体から取り出した脂肪をバストに注入するというものです。
脂肪をとる場所は太ももやお尻などの下半身、腹部、二の腕などです。
採取できる脂肪の量によって、サイズアップできる量も決まります。
その為、シリコンバッグを入れるような例えばAAからFカップといった劇的な変化は難しいです。
しかし余計な脂肪を除去してバストアップもできるので、総合的にプロポーション補整力は高いと思います。
また、自分の身体の組織を使うためアレルギーや拒絶反応もなく、もともとのバストと同じ脂肪を入れるのですから、仕上がりも自然になると言われています。
脂肪注入は注射で行うので傷も残らず、痛みも少ないとも宣伝されていますね。

しかし、注入した脂肪の全てがバストに留まるのは難しく、身体に吸収されてしまったり、健康な状態を保てずにしこりになってしまう可能性があります。
特にしこりになる事は多く、ひどい場合にはバストのほとんどが固い塊になってしまいバストラインが崩れる・痛むなどの症状も報告されています。
このようにしこりが発生しやすいため、
乳がんと間違えたり逆に乳がんの発見が遅れることもあるので、
脂肪注入法を行った方は小まめにがん検診を行うと良いでしょう。
がん検診はマンモグラフィ検査が行えないので、その点の注意も必要です。
また、バストだけでなく、脂肪吸引した場所がボコボコに変形してしまう事例も多くみられます。

脂肪注入法は自然で傷痕も残らず、メリットばかりの豊胸術のように宣伝されていますが、実際はやはりデメリットもある方法です。
手術を行うならしっかりとした下調べと強い決意が必要かと思います。