投稿日:

豊胸手術した胸は不自然?

自然なバストと豊胸手術をしたバストのちがいは?

自然なバストと豊胸手術をしたバストで大きく違うのは、見た目と触り心地です。

まず見た目は、普通に洋服を着ている場合にはわかりにくいものですが、前かがみになったり、走ったり、あるいは横になったりと重力を感じる動きで違和感が出てきます。
例えば仰向けに横になった時、自然なバストは重力でペターっとした感じになると思います。
説明しにくいですが、女性なら伝わるでしょうか。
横に広がって高さが無くなりペターっとした印象になるのです。
しかし、豊胸したバストだとその動きが起きません。重力に流されず、そこにしっかりとあり続けます。
豊胸手術は胸にインプラントを入れ込むものが多いですが、それらは普通の脂肪とは違うので、その小さな差が、揺れ方や垂れ方に影響してしまうわけです。

もう一つ触り心地は見た目以上にわかる、とよく聞きます。
最近の豊胸用インプラントは触り心地など進化していますが、バストに異物が入っているのですから、違和感があっても仕方がないでしょう。
インプラントを使わない脂肪注射の豊胸手術の場合も、しこりが出来るなど触り心地が自然なバストとは違ってくるそうです。

もう一つ、若いころは自然なバストと見分けのつかない胸でも、歳を重ねると違和感が出てくる場合もあります。
これもバストが一部「人工」の状態だから起きるもので、身体や顔の他の部位が年齢を重ねているのに、バストはそのような変化が見られないためです。

これらが大きな違いですが他にも、左右の胸の位置が離れている、青筋が目立つようになるなどがありますし、定期的なメンテナンスが必要な場合も多いので、身近な家族やパートナーはすぐに気付くようですね。



投稿日:

バストに良い食品

バストに良い食品や食材はありますか?

バストに良いとして有名なのが、鶏肉・大豆・キャベツではないでしょうか。

鶏肉は、バストに必要不可欠な動物性タンパク質で、お肉の中でも特に鶏肉は、胸の大きな女性が好む傾向にありますね。
良質な脂質やコラーゲンの豊富な皮の部分や手羽先などを食べると良いかと思います。

体重が気になってお肉は避けたい、という方には、植物性タンパク質がおすすめです。
特に大豆製品。
大豆には良質なタンパク質の他、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンや豊富なミネラルが含まれているので、バストにはとても良い食品と言えます。
豆乳は吸収率も良くおすすめですが、豆腐やきなこ、湯葉などでも良いでしょう。

もう一つ、胸に良いとされているキャベツですが、これはキャベツに含まれるボロンという成分が有効です。
ボロンは私たちの身体に欠かせないミネラルですし、女性ホルモンの血中濃度を高く保つ働きがあります。
このことから、バストに有効とされているわけですね。
ボロンが含まれる食品はキャベツの他に、リンゴ、梨、桃、ブドウや、ワカメや寒天などです。

この中のどれか一つを食べればいい、というのではなく、身体には様々なアミノ酸やビタミンも必要です。
上に紹介した食材を意識しつつ、バランスのとれた食事をすることが大切です。



投稿日:

外向きバスト

外向きバストは治りますか?

出産し授乳するときのことを考えると、バストは少し外向きになるのが自然の形ですが、外向きの胸に悩む方も多いようですね。

外向きバストには、上に書いたような生まれ持った要素のもの加齢などによる形の崩れからくるものの2タイプが考えられます。

若い方、まだ10代~20代前半の方は前者のタイプであると思います。
その場合は、下着で調節することできれいなラインを出すことが出来るでしょう。
外向きバストにはL字ワイヤーのブラが向いています。
外から内側へ寄せて谷間を作る効果が高いですし、中央部にワイヤーがないので痛くなりにくいですよ。
またはお店の方に相談すると、胸の形に合わせたものを提案してくれるはずです。

後者、加齢などによる外向きバストも下着である程度整えられますが、それでは根本的な解決になりません。
そのままにしておくと歳を重ねるごとにバストが崩れてしまうでしょう。

そもそも、バストが崩れるのは筋力や靭帯の衰え、皮膚の老化などによって、バストの脂肪を美しい位置でキープできなくなる事に影響しています。
筋肉や皮膚などの支えがなければ、脂肪は重力に従って下や横に流れてしまうのです。
その一つの表れが、外向きのバストと言えるでしょう。

つまり、胸を支えられるように筋力を付ければ、ある程度この老化現象に対抗することが可能です。
バストのすぐ下にある大胸筋、その内側にあって胸を釣り上げてくれる小胸筋を鍛えれば、下垂や横流れを防げます。
さらに、首筋から背中に広がる僧帽筋や肩の三角筋を鍛えて美しい姿勢を作れば、胸を広げつつバストを上向きに支えられます。

もう一つ、バストを包む皮膚も大切な要素です。
肌のハリが無くなるとバストラインも崩れがちになりますから、美容液やサプリメントでコラーゲンなどを補うと良いでしょう。

また、バストマッサージも有効です。
マッサージすることでリンパや血液の流れが良くなるので、乳腺に働きかけたり肌のハリを良くしたりといった効果が得られます。
特に外向きバストには、バストの位置を整えるマッサージが効果的です。
すぐに劇的な変化はありませんが続けることで少しずつ形が変わるはずです。