投稿日:

青汁はダイエットに効果がある?

青汁は飲み続けているとダイエットに効果が出ますか?また、痩せやすい体質にかわったりしますか?

青汁製品は様々にありますが、多くが野菜の栄養を凝縮したジュースです。
特にビタミンやミネラル、食物繊維など普段の食生活では不足しがちな栄養素を摂取できるように、栄養価の高い野菜を材料としています。
ですから、青汁を飲むことは身体の調子を整え、より健康な状態につながると考えられます。
具体的には、血液循環の改善、免疫力の向上などですが、それらを基に便秘の解消や肌荒れ予防、肩こりの改善など様々な効果が期待できます。
その中には、ダイエット効果も含まれています。

多くの口コミサイトで、青汁で便秘を解消できた、という女性の声が見られます。
便秘が解消するということは、腸内環境が整い不要な老廃物を溜めこまないようになった、ということ。
つまり今まで溜めこんでいた要らないものを出して、すっきりできるわけですから、ダイエットにもつながります。
また、体内の栄養バランスが整うことで各器官が正常に働きますから、新陳代謝が上がります。
それによって1日の消費カロリーも上がり、脂肪を燃焼しやすい、痩せやすい身体づくりにもなりますね。

ただし、青汁なら何でもいいというものではありません。
中には飲みやすさを優先して糖類や塩分などを加えているものもあります。
そう言ったものでは、折角青汁を飲んでも栄養補給に役立たなかったり、カロリーオーバーになってしまうことも。
また、材料の野菜に農薬や化学肥料が使われているもの、保存料や防腐剤など添加物を加えているものは、長く飲むのには少し心配もありますね。

最近は美容やダイエットを考える女性に向けた青汁も開発されています。
コラーゲンが配合されているもの、食物繊維量が多いものなどありますから、自分のお肌や栄養バランスと相談して選んでみてくださいね。


投稿日:

妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?

妊娠中や授乳中に青汁を飲んでも大丈夫ですか?

青汁は「薬」ではなく「食品」なので、妊娠中や授乳中に飲んでも問題はありません。
むしろ、妊娠中・授乳中には赤ちゃんのためにも栄養が必要ですから、バランスよく様々な栄養を補えるということで、青汁はおススメと言えるでしょう。

青汁製品の中には、妊婦さんに重要な栄養素である葉酸を配合したものもあります。
ただし、葉酸やカリウムなどのミネラルの中には、過剰に摂取すると身体に悪いものもあります。
これは妊婦さんや授乳中の方に限りませんが、青汁の飲み過ぎには注意が必要です。
特に、病気で通院・治療をされている方はお医者さんに相談してみてくださいね。


投稿日:

青汁を飽きずに飲む方法

青汁を飽きずに飲み続けられる工夫(飲み方のアレンジ)があれば教えてください。

毎日同じ味だと、飽きてしまうこともありますよね。
また、野菜の王様・ケールなどは独特の風味があって飲みにくく感じることもあるでしょう。

そんな時にはちょっとひと工夫。
簡単なのは、フルーツジュースやミルクで割るというもの。
風味が優しくなりますよ。
カルピスやヨーグルト、ハチミツ、きな粉を混ぜるのも簡単でおススメです。

甘いのが苦手な方は、日本茶で割るのはいかがでしょうか。
他にミルクティや生姜湯などなら、体の芯から温まります。

さっぱりしたいときには、レモン汁やお酢を少し入れたり、炭酸水で割ったりするのも良いですね。

他に、お料理に混ぜてしまうという方法もあります。
野菜炒めに振り入れたり、ふりかけに混ぜたりするのも良いですし、ホットケーキや蒸しパンの生地に混ぜれば、色もきれいですね。
カレーのように味の濃いものに入れればクセも気になりません。

ただし青汁も製品ごとに味が違いますから、Aで美味しかったレシピがBではイマイチ、ということもありますのでご注意ください。