投稿日:

便秘で死ぬことはある?

便秘で死んだ人がいるって本当ですか?

本当です。便秘は死に至る可能性があります。

有名なのは、1998年に会社員女性が亡くなったケースです。
21歳、身長体重は平均的な健康な女性。ただ、亡くなる1年ほど前から便秘がありました。
時々腹痛などを感じていたようですが、病院にはかからず市販の薬で対処していたそうです。
便秘の下剤は常習性があり、そのうち薬がなくては排便できなくなってしまいます。
また、薬の効きも悪くなり、服用量も増えていくのです。

そうして彼女は薬を増やして誤魔化していましたが、ある日自宅で亡くなってしまいました。

女性の腸内には、水分が全くなくコンクリートのようになった便が、実に6.7Kgも溜まっていました。
その大量の便とガスでおなかは大きく膨れ、まるで妊娠満期のようだったといいます。

女性の死因は、この便秘により腸閉塞(イレウス)がおきたことで、腹痛や嘔吐などのショック症状から死に至ったと考えられています。

このケースに限らず、重度の便秘から死亡するケースは多数みられます。
かの有名なエルビス・プレスリーも死因は心臓発作と言われていますが、慢性的な便秘がその引き金となったとも考えられているのです。

また、便秘を直接の死因とせずとも、腸閉塞の他にも大腸がんなど様々な病気をおこしますから、遠因としても便秘は死につながると言えるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です