投稿日:

プーアール茶ダイエット

辛いダイエットは続かない
辛いダイエットは続かないですし、すぐにイヤになってしまいます。
ですので、あまり神経質にならずにアバウトなダイエットを続けていく。
それこそ、継続は力なりなのです。

いつもよりちょっとだけ食事に気を使う。
いつもより少し量を減らす、よく噛む、食べる順番を考える、カロリーもちょっと気にする。
最近は便利なダイエット記録用アプリなどもあるので、食べたものを記録(写真を撮るだけでもOK)や、毎日決まった時間と条件で体重を測る。
※朝起きて、トイレにいってからだとか、毎日の習慣にする。
あとは、軽い運動。特別な運動をしなくても、寝る前の軽いストレッチや、朝起きたあとにラジオ体操などでもOK。
通勤をしているなら、ひと駅分を歩くようにする。エレベーターを使わずに階段を使うようにする。などでもOK。
こんな風に心がけるだけでも、ゆるやかに体重が減っていくのがわかります。

そんな私が最近はじめたのが、プーアール茶ダイエット。
おいしいプーアール茶を飲むだけなので、ダイエットの意識がありません。
最近は、ジンジャー入りのものも発売されたので、コレが得にお気に入り。しょうがって体を温めてくれるし、便秘にも効果があるので、一石○鳥?
春までにスッキリ体型になれるといいなーと夢見ています。

プーアール茶をこまめに飲む
私が個人的におすすめするのが、プーアール茶。 普段飲んでいるお茶をプーアール茶にするだけで、ダイエット効果を期待できます。
最近では、Tバッグになっているものもあるので、急須などがなくても、お湯の中にポンと入れるだけでOK。
一気に飲むのではなく、仕事中や家事の合間など、こまめに飲むと水分の吸収率も高くなります。
水分をしっかりとることで、乾燥から体を守ってくれます。
風邪などの菌は湿度に弱いので、ひきにくくなりますし
あれほど悩んでいた唇の乾燥もなくなりました。

プーアール茶は渋くて苦いものもありますが、私が愛飲しているティーライフさんのダイエットプーアール茶なら飲みやすいと思いますよ。
最近ではジンジャー入りのものなど種類も増えてきていますので、気分によってかえてみるのもおススメです。



投稿日:

お家でもつるつるのお肌になれます

毎日むだ毛の処理するのは本当手間がかかりますよね。
私もいつも、カミソリで脱毛していて刃で肌は痛むし、またすぐ次の毛がはえてくるし、うんざりしていました。
だからと言って、エステサロンで永久脱毛なんて望んでしまったら、費用は何十万もかかるし、最低3年間も時間を割いて遠くのエステサロンに通わなくては行けないかと思ったら、本当頭が痛いです。

あなたもそうですよね?
でも肌のつるつるなむだ毛のない体や顔には憧れます。
そこで、家庭で脱毛するのにもっとも適した方法は何だろうと調べ始めました。
そこで、見つけたのがこの家庭用脱毛器「ラヴィ」です。
このラヴィは通販での売り上げがトップクラスで、あの女優のさとう珠緒さん、立花理佐さんもご愛用の有名な脱毛器なのです。
他にも、数多くの芸能人や美容専門家がプライベートで使っている人気製品です。
このラヴィでお家ではなかなかできなかった、本格的な脱毛が手頃なお値段で実現出来るようになったのです。



投稿日:

ノーブラだとバストアップしますか?

ノーブラだとバストアップするって噂は本当ですか?

胸が小さくて悩んでいます。ノーブラだとバストアップするって噂は本当ですか?

フランスの大学で行われたバストに関する研究では、「ノーブラで過ごした方が僅かではあるが胸が大きくなる」というような結果が出ています。
これは一般女性33人に1年間ノーブラで生活してもらい、それによる胸の変化を見たものです。
この実験レポートによると、彼女たちは乳房の細胞組織の質が上がり、肩の旋回筋や大胸筋が発達、バストサイズが僅かに大きくなった、というのです。
この結果は、ブラによる締め付けから解放されたことによるものだと考えられます。
無理な締め付けがないことで血行やリンパの流れが良くなり、乳腺やクーパー靭帯が良い状態へとなったのでしょう。しかし反対に、イギリスの大学が行ったノーブラの実験では「ノーブラは胸の下垂につながる」と言われています。
これは様々なバストサイズの女性にノーブラでランニングをしてもらい、それによるバストへの影響を調べたものです。
このレポートでは、ランニングで1歩進むごとに乳房は平均9cm跳ね、約1.6㎞を走ると合計で135mも乳房は跳ねる、というデータが示されています。
この衝撃により肌やクーパー靭帯を痛め、バストの下垂につながるというわけですね。

この二つの実験を見ると、ノーブラは胸に良いとも、悪いとも言えます。
ブラをつけることも同様ですね。
矛盾しているようですが、どちらも正しいと言えるでしょう。

つまり、バストアップやバストライン維持のために大切なのは、自分の体に合ったブラをつけるということではないでしょうか。
締め付けすぎずにバストを衝撃や負担から守れるブラをつけるのです。

例えば、休みの日はカップ付きキャミで、支えつつもバストを解放してあげる。
眠るときにはナイトブラで、寝返りなどの無意識の動きからバストを守る。
外出する際も合わないサイズやパットで無理に寄せるのではなく、自然なラインを保てるブラを着用する。

合わせてマッサージやエクササイズでケアすれば、より良いバストラインを目指せるでしょう。