投稿日:

生姜紅茶

まだまだ、ファンの多いショウガ!
その基本的な効能と、定番の取り方「ショウガ紅茶」についてお話します。
ショウガは薬味だけ?いえいえ、そんなことありません。様々な用途につかえる万能薬なのです。

今話題の野菜生姜

あなたは身体にいい野菜と聞いて何を思い出しますか? 私は断然ショウガですね。
昔から、冷え性にきく、体を温める効果があると言われてよく、寒気のするときや冬場にはおばあちゃんが、手料理を作ってくれていました。
そのショウガが今、再び注目されているのをあなたはご存知でしたか?
きっかけは様々あるようですが、テレビでダイエットには「ショウガ紅茶」が効くと取り上げられて、ネットからまちまち話題が広まっていきました。
その食べ方はほとんどが「紅茶」という形で紹介されています。
やっぱり、ショウガというと、生のまま擂って薬味や生姜焼きのようにして食べるのが一般的だったときですから、良い成分をたくさん取れるようにお茶へと変化したのでしょう。
ここで気になってくるのが、ショウガ紅茶の飲み方と効果ですよね。
ショウガ紅茶はどのようにして飲むと効果的なんでしょうか?

ショウガ紅茶の飲み方と効果

まずは、そのショウガの健康にいいとされる効能です。どんな成分が入っているのでしょうか? 日本では、古くからショウガで体を温める、血行をよくする食べ物として取り入れられてきました。
中国では漢方として、ヨーロッパではハーブの種類として分類されるそうです。
その効能としては、血液の巡りを良くして、身体から毒素を取り流す効果があるのはみなさんご存知ですよね。
また、発汗作用や食欲を出したり、消化器にもいい働きをしてくれます。
テレビで紹介されたように、ダイエットを目標にしている方にもよい効果がでていますよ。
それは、消化器の調子を整え、毒素を出してくれるので、便通がとてもよくなるからです。
紅茶にすることにより、水分と食物繊維もとれるので、その効果もあり、便の通じがよくなるようですね。

ショウガ紅茶の飲み方に特別手間のかかる事はありません。超簡単です。
普通のティーパック紅茶に擂りおろしたショウガをお好みの分量(少量です)加えて飲むだけです。
ポイントとすれば、たくさん欲張らない事。でしょうか。
ショウガには独特の辛み成分がありますから、たくさん入れすぎると、辛くて飲めません。
たくさん、効果がほしいときは、技術的にショウガをたくさん取り入れられている市販のショウガ紅茶がよいのではないでしょうか。
また、はちみつとも相性がよいので、甘みをプラスする際はぜひ蜂蜜でどうぞ(^ o^)


投稿日:

本当にすごい、すっぽんの秘密

すっぽんといえば、美容に良いといわれる「コラーゲン」がたっぷり含まれているというイメージがありますが、
コラーゲンがはいっているものなら、何でもいいというわけではありません。

重要なのは、そのコラーゲンの質なのです。

コラーゲンはアミノ酸の組み合わせからできています。その組み合わせの中に「ヒドロキシプロリン」というコラーゲンの素となるアミノ酸があるのですが、そのヒドロキシプロリンがどれだけ含まれているかがポイントとなります。この「ヒドロキシプロリン」が、すっぽんには豊富に含まれているのです。

叶姉妹の元気の源として有名?になったせいか、最近では女性の間ですっぽんが人気を集めています。優れたコラーゲンと、バランスの取れたアミノ酸構成。そして、これらの栄養を無駄なく全身に行き渡らせるEPAやDHAなどの脂肪酸。
これらすべてを合わせ持つ極めてまれな天然の食材、それがすっぽんなのです。


投稿日:

すらっと宣言の原料

7種類の自然派成分を厳選

すらっと宣言の原料である7つの自然派素材には、ビタミン類や鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれています。

  • キャンドルブッシュ
    生キャベツの約20倍もの豊富な食物繊維の含み、ビタミン、ミネラル、リン、鉄分もバランスよく含んでいます。
  • グアバ茶
    ビタミンB群、ポリフェノール、葉酸などが豊富で、食べ物の糖質や脂肪分にアプローチ。
  • ルイボス
    健康・美容に良いとされ、若々しさをもたらしてくれることで、今大注目されている素材です。
  • 杜仲茶
    健康に欠かすことのできないビタミン、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれています。
  • 柿の葉
    栄養価が高く、ビタミンC 、ポリフェノール、ミネラルなどがバランス良く含まれています。健康維持に必要な素材です。
  • プーアール茶
    大注目されているダイエット素材で、食べ物の余分な脂肪分にアプローチ。女性に嬉しい素材です。
  • ドクダミ
    体のサイクルをスムーズにして、ダイエットや美容にうれしい素材です。

すらっと宣言には、

大豆の約3.3倍のビタミンb2
かぼちゃの約2倍のビタミンE
ほうれん草の約4.4倍のカルシウム
モロヘイヤの約25倍の鉄分
生キャベツの約12倍の食物繊維

が含まれています。
(100グラム中の比較)※日本食品機構分析研究所調べ