投稿日:

携帯用浄水器「スーパーデリオス」

スーパーデリオス

311の大震災後、まったく被害のない地域に住んでいる私であっても、避難するための準備をはじめました。
わたしには娘のようにかわいがっているワンコがいるので、ワンコ用のキャリーケースにいろんな防災用品を入れました。
非常食は入れましたが、やはり心配なのは飲料水
わが家にはオゾン発生器があるので、これを避難袋に入れておけば、飲料水を作るのに役立つだろうか?と考えました。

防災備蓄水は大丈夫?もしもの安心。三菱ケミカル・クリンスイの5年保存水

インターネットで検索してみると、もっと小型で便利な商品を発見しました。
それが、このスーパーデリオスです。

簡単に安全な飲料水が…

スーパーデリオスの容器の中に、お風呂の残り水、トイレのタンクの水、雨水、学校のプールの水、河川や池の水等を入れ、それをコップに注ぐだけで簡単に飲料水ができあがるのです。
※病原細菌(大腸菌、コレラ菌、赤痢菌、サルモネラ菌等)、カビ、原生動物(クリプトスポルジウム、ジアルジア、エキノコックス菌等)を完全に除去できます。

これは超便利ですね。
ちなみにスーパーデリオス1本あたりの最大濾過量は、約200リットル(660回分相当)だそうです。
これ1本あるだけで、ある程度の期間、一家族くらいなら飲料水のことを心配せずにいられます。
また防災用品としてではなく、飲み水が気になるアウトドアや海外旅行にも重宝しそうです。
と、いうことで私はとりあえず一本注文してみます。

スーパーデリオスの注文ページはこちら

投稿日:

気になるムダ毛の部位

女性のムダ毛処理は悩みの種だと思いますが、どの部分が一番気になりますか?
ワキや腕、顔(ひげ)、背中、脚、指、VIOなど。

インターワイヤードが行ったムダ毛に対するアンケートでは、春・夏・秋と冬の季節ごとに自己処理をする箇所を調査しています。

結果は以下の通り。
「春」1位ワキ82.2%、2位眉毛72.4%、3位口まわり64.2%
「夏」1位ワキ91.4%、2位ヒザ下73.5%、3位眉毛71.9%
「秋・冬」1位ワキ72.8%、2位眉毛71.8%、3位口まわり63.2%

一年を通して女性が一番気にするのはワキでした。
見えやすい部分であること、他の部位よりも毛が太い・濃いことが理由のようです。
他の部位では、目につきやすいフェイスパーツの率が高くなっています。
3位以内には入りませんでしたが、顔の産毛は一年を通して、59%ほどの女性が処理をしています。

ボディに関しては、ワキ、ヒザ下、ヒジ下の順で多く処理されていて、その下には手の甲や指、二の腕、足の甲や指と続きます。
これらボディパーツはワキもそうですが、夏以外の季節には処理率が下がる傾向にありました。

全身のムダ毛をケアするのは大変ですから、まずは見えるところから、という女性が多いようですね。


投稿日:

脱毛をした際に毛嚢炎に…

脱毛をした際に毛嚢炎?になってしまったみたいです。
自分で治す方法はありますか?やはり病院に行った方が良いですか?

またその旨、脱毛サロンに申し出た方が良いのでしょうか?

毛嚢炎(毛包炎)とは、毛根を包んでいる毛包にブドウ球菌などの菌が入り込んで起きる炎症のこと。赤いぶつぶつになったり、ひどくなると膿を持ってしまうこともあります。

原因は、肌の免疫力の低下や不衛生です。
脱毛の施術によって肌が弱り、炎症を起こすこともありますし、自己処理のダメージで起こることもあります。
毛が太いデリケートゾーンやワキ、男性のヒゲは毛嚢炎になりやすいようです。

軽い症状の場合には、清潔にしていれば数日で自然と治るでしょう。
症状が長引いたり、痛みがある、再発を繰り返すような場合には皮膚科で診察を受けてください。
化膿止めなどのお薬を処方してもらえるはずです。

予防としては、脱毛時・自己処理時に道具や手を清潔に保つことが大切です。
また、アフターケアをしっかりして肌を整える、汗や水分はしっかりと拭く、といったケアも必要です。

脱毛サロンへの報告はしましょう。
対応はサロンによりますが、ケア方法を教えてくれたり、皮膚科を紹介してくれることもあります。
また、次回の施術の際にマシンの出力調整などを行うことで、再発予防もしてくれるはずです。